漢方とバストアップ

バストアップの方法にはいくつかあります

女性ホルモンの働きを活発に

 

バストアップする方法にはいくつか考えられます。胸をマッサージしたり、運動、バストアップ効果のあるブラジャーを使用する方法もあります。その中のひとつに漢方を服用して豊胸をする方法もあります。

 

漢方薬は植物だけではなく鉱物など自然界にあるものを原料にした生薬で、症状に合わせて調合したものをいいます。西洋薬とは異なった考え方で、局所から全身まで広く働いて体が本来持っている働きや自然治癒力を高めるよう作用するものです。効き目は即効性はないものの、穏やかに作用します。

 

バストアップに服用することはあまり知られていないのですが、どちらかというとバストアップのみに効果が期待できるものではなく、胸を大きくしたり適度な張りを保つためには女性ホルモンが大切で、女性ホルモンがしっかりと分泌できるように体の状態を整えることが期待できるため、その効果によってバストアップも期待できるのです。

女性ホルモンはバストアップに必要です

女性ホルモンは胸を大きくするなどのためにも重要なもので、女性は思春期になると大量に分泌され、その影響で乳腺が発達して胸が大きくなります。女性は年齢を重ねて更年期を迎えると女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなり、張りのあるバストを保つことは難しくなります。

 

この女性ホルモンは年齢だけではなく様々な要因で乱れやすくなります。体の冷え、栄養バランスの偏った食事、睡眠不足、ストレスなどは女性ホルモンが十分に分泌されない場合に起こる症状で、改善しないと生理痛、生理不順、不妊などの症状も引き起こし貧乳の原因にもなることがあります。

 

漢方には未病という疲れやすい、元気ができない、手足の冷え、風邪をひきやすい、肩こりなど病気でもなく健康でもない状態を改善することが期待できるもので、女性ホルモンが十分に分泌されていないと生理不順など様々な体調不良が引き起こされます。未病を治すことでホルモンバランスも整うことが期待できるため、バストアップにも期待はつながります。

体質によっても合うものは異なります

バストアップに効果的な漢方といっても体質によって合うものは異なります。冷えや肩こり、生理不順に効果的なものや、疲れやすい、イライラや冷えなどは加味逍遥散などが有効で、女性特有の悩みが解消する効果が期待できるため、ホルモンバランスを正常に整える効果があるためバストアップも期待ができます。

 

漢方を購入する方法は、専門店の他にはネット通販やドラッグストア、病院などで処方してもらうこともできます。

 

どこでも気軽に手に入れることは可能ですが、初めて漢方を利用するなら詳しい医師や専門家のいる病院で体質や症状に合ったものを処方してもらうと良いです。西洋医学の薬と比べると副作用はでにくいものの、薬効成分があるため副作用が全くないということはありません。

 

穏やかな効き目とはいっても用法用量を守らなかったり、特定の成分と一緒に服用すると体に悪影響を及ぼす可能性はあります。また、早いうちから効果があらわれる場合もありますが、体質などによって効果がでるまで時間がかかることは通常のことなので長期間毎日飲み続けることも大切なことです。