女性ホルモン注射とは

女性ホルモン注射の種類は複数存在する

女性ホルモンの働きを活発に

 

女性ホルモンの注射といっても、複数の女性ホルモンを用いて注射がなされることになります。エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、妊娠や出産にはなくてはならないものです。

 

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、妊娠しやすい状況を作り出すホルモンでもあります。これらを単体で注射をする、もしくは組み合わせて注射をすることで、効果を得やすくし、不妊治療などでは真っ先に使われることとなります。

 

他にもペラニンデポーやエスラジオールといったものも用いられており、これらを定期的に注射することで効果を得ることができます。

 

こうしたことにより、胸が大きくなるなどの豊胸を期待する声が大きくなりますが、メインは不妊治療や更年期障害への治療、そして、性転換手術をした方、もしくは何らかの理由で子宮を摘出することになった女性への投与などであるため、胸が大きくなるというのは、その副産物ということになります。

知っておきたい、様々な副作用のこと

実際に女性ホルモンを注入されることにより、いくつかの副作用を経験することになります。

 

よくあるのは、吐き気やめまいといったものです。副作用の中では軽い方ですが、だれもが経験することになるほど、その出現頻度は非常に多いことが指摘されています。

 

それだけ劇的な効果を体に与えるため、体がびっくりしてしまい、そうした症状につながることが言われています。性転換手術を受けた人などはほとんどの人がこうしたものを経験します。

 

一方、ホルモンバランスに影響を与えることから体重の増加、むくみといった弊害を招くこともあります。

 

それだけ女性ホルモンが女性らしい体に寄与することの表れですが、そのあたりのケアもしなければなりません。一方、がん細胞の成長を早めるというデータも出ており、長期的な使用は避けた方がいいという研究結果も出ています。

 

そのため、こうした治療で用いる場合には期間限定での使用が求められます。

豊胸目的では使用できない理由とは

原則として女性ホルモンを注入する行為は医療行為となっており、女性に対して、豊胸目的を理由としたことでは認めてもらえません。それはがん細胞の成長を早めるというリスクも大きく関係していますが、胸を大きくすることは美容に関することであり、医療行為ではないというのも理由です。

 

女性の場合、女性ホルモンが人より少ないなどの理由がない限りは、胸を大きくしたいから何とかしてほしいというものでは認めてくれないのが実情です。

 

一方、胸の中に直接ホルモンを注入して大きくさせるという方法がありますが、これには即効性がなく、本当に効果があるのかは微妙なところです。

 

不妊治療や更年期障害の治療、性同一性障害の治療など、あくまでも治療目的で使用されるものという認識を持つことが大事です。

 

そのため、胸を大きくしたい、女性らしい体を手に入れたいと考えている女性がいる場合には、これ以外の方法を検討することになります。