大豆イソフラボンと女性ホルモン

豆腐や豆乳などの大豆食品を食べよう

女性ホルモンの働きを活発に

 

女性ホルモンは2種類ありますが、その中でもエストロゲンを増やす効果がある食べ物が大豆イソフラボンです。その名の通り、大豆食品に多く含まれている成分です。イソフラボンはエストロゲンに似た作用をするので、女性ホルモンに代わりさまざまな不調を改善することができます。

 

ちなみに、大豆イソフラボンは抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果や生活習慣病を予防することもできます。大豆イソフラボンを効率的にとる方法はサプリメントです。

 

サプリメントなら、いつでもどこでも気軽に大豆イソフラボンを摂取することができます。しかし、サプリメントは摂取しやすいので過剰摂取に気を付けなければいけません。

 

大豆イソフラボンを過剰摂取すると頭痛や腹痛などの副作用を起こす危険性があるので、必ず摂取量を守ってとるようにしましょう。食品から大豆イソフラボンをとる場合には、過剰摂取を気にする必要はありません。しかし、大豆食品だけではなく、その他の食品も食べて栄養バランスに心がけましょう。

大豆イソフラボンが女性ホルモンの代わりに

大豆製品と言えば、豆腐や豆乳など様々ありますが、これらは健康食品としても大変人気です。栄養も豊富ですし、古くから畑の肉として親しまれてきました。

 

そんな大豆ですが、それに含まれる大豆イソフラボンが美容、主に豊胸に関して大変注目されています。

 

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンという成分は、身体に様々な良い作用を起こす成分なのですが、一番の特徴は構造が女性ホルモンととても似ていることでしょう。

 

女性ホルモンとほぼ同一な形をしていることから、体はイソフラボンを女性ホルモンと判断します。

 

すると、肌にハリを与えたり、潤いが増えたり、女性の美に非常に良い効果がもたらされるのです。

 

また、ホルモンの分泌量が減ることによって起こる更年期障害の改善にも効果があり、そういった面からも大変注目されています。
そして、最大の目玉は豊胸効果があることでしょう。

 

女性ホルモンは、胸を大きくする効果を持っています。

 

よって、ほぼ同一であるイソフラボンでもその効果を得ることができるのです。
詳しい豊胸のメカニズムについては下記で詳しく見ていきます。

大豆イソフラボンはどのように作用する?

では、大豆イソフラボンが体に取り込まれると、どのようにして胸を大きくするのでしょうか。

 

まず、イソフラボンは体に取り込まれると、ホルモンと同じように全身の皮膚や乳房に行き渡ります。

 

そして、イソフラボンは胸の内側にある乳腺を発達させる作用を引き起こすのです。

 

乳房は70%以上が脂肪で構成されていますが、胸を大きくさせるためには脂肪を増やすだけでは不十分と言われています。

 

大きくするには脂肪よりも少し硬さを持つ乳腺の存在が不可欠で、イソフラボンはそれを発達させるのです。

 

女性ホルモンは2種類あるということをご存知でしょうか。

 

プロゲステロンとエストロゲンという種類があるのですが、乳腺を発達させるのはエストロゲンというホルモンです。

 

つまり、イソフラボンとはエストロゲンとほぼ同じ成分であり、大豆製品を摂取すると不足したエストロゲンを補って胸を大きくすることができるのです。

 

イソフラボンはこのような性質を持つことから、植物性エストロゲンとも言われており、世界中から大変注目されている成分です。

大豆イソフラボンの過剰摂取は厳禁

イソフラボンを摂取すると、エストロゲンと同一の作用を起こして乳腺を発達させ、結果として胸を大きくすることができることがわかりました。
大豆製品にはイソフラボンだけでなく、他にも美容に対して効果的な栄養素がたくさん含まれていますから、日々積極的に取り入れている方も多いかもしれません。
けれども、一つ気を付けておきたいことがあります。
それは、過剰摂取の問題です。
大豆は体に良いものですから、いくら摂っても問題ないと思われる方は多いかもしれませんが、摂りすぎはあまり良いことではないのです。
というのも、女性ホルモンが過剰に増えすぎると、ガンになる確率が高まるという問題があります。
ホルモン注射などで耳にする話ですが、実はエストロゲンとほぼ同一であるイソフラボンにもそういったリスクがあるのです。
また、そのような深刻なリスクばかりではなく、頭痛や吐き気、嘔吐などの症状も現れることがありますから、大豆製品の摂取は過剰にしすぎず、程々に摂取していくことが大切と言えるでしょう。