女性ホルモンの働きを活発にしてバストアップ

女性ホルモンの働きがもたらす体の変化

女性ホルモンの働きを活発に

 

女性ホルモンはバストアップに欠かすことができない物質ですが、では女性ホルモンが身体にもたらす変化というのはどのようなものなのでしょうか見ていきましょう。

 

まず女性ホルモンには2種類に分けることができるのですが、それはエストロゲンとプロゲステロンになります。

 

エストロゲンは別名を美肌ホルモンと呼ばれるほど女性には重要なホルモンですが、肌や髪の毛を美しくする働きがあります。また自律神経を安定させたり、妊娠に備えて内膜を厚くする働きがあります。

 

バストアップに関しては乳腺組織を作る働きがあるので、その点においても欠かすことのできない物質になります。

 

もう一つのホルモンがプロゲステロンですが、これは排卵後から月経にかけて多く分泌されるホルモンで、妊娠しやすい体を作る作用があります。その為、受精卵が着床しやすくなったり妊娠を継続させやすい体にする働きがあります。

 

バストアップに関してはエストロゲンによって作られた乳腺組織を発達させる働きがあるので、両方のホルモンの分泌が豊胸には欠かすことができません。

エストロゲンとプロゲステロンが豊胸に効果的

エストロゲンとプロゲステロンが女性の体に重要な働きをする事は理解できたかと思いますが、ではバストアップに関しては具体的にどのような作用をもたらすのでしょうか詳しく見ていきましょう。

 

まずエストロゲンとプロゲステロンは生理周期に合わせて、それぞれの分泌量が変化していきます。エストロゲンは生理前の黄体期に分泌量が増えて、プロゲステロンは生理後の卵胞期に分泌量が増える傾向にあります。

 

それぞれの時期に分泌量が増えるのですが、バストに対する働きとしてはエストロゲンはバストの構成要素の約10%にあたる乳腺組織を作る働きがあります。そしてエストロゲンによって作られた乳腺組織を活性化させるのがプロゲステロンになります。

 

このように2種類の女性ホルモンの働きによって生成されて活性化させられた乳腺組織を覆うようにバストを構成する残りの90%である脂肪組織が付いて行くというメカニズムになります。その為、どちらか一つでもかけると豊胸を目指すことができないの療法のバランスがとても重要になります。

エストロゲンとプロゲステロンを活性化させる方法

エストロゲンが乳腺組織を生成して、その生成した乳腺組織をプロゲステロンによって活性化させることで、その周りに脂肪組織が付きやすくなりバストが大きくなるのですが、では女性ホルモンの分泌量を増やすにはどのようにすれば良いのか見ていきましょう。

 

まず分泌量を増やすには規則正しい生活習慣が重要になります。具体的には質の高い睡眠と栄養バランスのとれた食生活、さらにはストレスを溜め込まないなどの生活習慣が大切です。

 

反対に睡眠不足や乱れた食生活、過度なストレスは分泌量を減らしてしまいますが、中でも女性に多い分泌量を減らしてしまう要因が過度なダイエットです。ダイエットをすると栄養バランスが乱れたり、ストレスも増えるので女性ホルモンのバランスが乱れる原因です。ダイエットがいけないわけではありませんが、健康にも気を配るダイエットが重要となります。

 

ちなみに食材によっても活性化させることが可能で、大豆製品には女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれているので豆腐や納豆、豆乳などを積極的に取り入れるようにしてください。

 

ナイトブラのバストアップ効果